FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

囚われからの脱出Ⅲ

多くの人は魂や体、肉体のレベル、人間、自分の視点、立場で捉えます。相対的なレベルで。このことが、こうなりますようにと祈りの中で願うわけです。それに対して、神は、一様、それを掬い取りつつ、しかし、神ご自身の祈りの中では、むしろその人がそのことを通してカルマを果たし、浄化され、霊的に成長してそのことによって、次の段階にいたれますように、その結果問題が解消し、神の愛と平和と調和、安らぎと喜びが、その人とその周り相手方全てに、もたらされますように。それが、真の祈りです。

人間やその人のレベルでは、お願いが目的であり、このことがこうなりますようにという、おねだり的な現世利益です。神はそれを置き換えられ、本来の正位置に戻されます。その問題を通して、本人がカルマを浄化し、課題をクリアする方向で、霊的に成長し、清められ、本人も含めて、全体に相手方も含めて、真の平和と調和、喜びと安らぎ、健康が与えられますようにといったように、願い事を主とせず、結果とせしめ、霊的成長や本来のところに戻っていくのを目的とするお祈りに振り替えていきます。

それが真実だからです。
スポンサーサイト

コメント

二元的な考えでは幸せにはなれないよということでしょうか。
そして、・・・神様にお願いをするということは、自分のカルマを解消するという意味でも良いことに働いてくれるのですね?

二元論

二元的な考えでは、もう無理な時代にきていると思います。そのさいたるものが戦争です。こっちの正義が向こうでは過ちになりまス。しかし二元論を通ってしか、絶対的善にはいたりません。という事は、何一つ無駄なものがないというkとです。人類は、いつか二元論的な考えに自ら終止符をうつ時がくると思います。又コメント下さい。ありがとう。

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

良子先生

Author:良子先生
りょうこのブログへようこそ!

★ 職業:歯科医師 528HzMIセラピスト

★ 性別:女性

★ 年齢:不詳

★ 星座:水がめ座

★ 血液型:A型

★ 趣味:ガーデニング

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。