FC2ブログ

これからの人間関係

これからの人間関係は、魂よりももっと奥深い本質の霊のところに立脚するとうまくいきます。
霊はスピリットです。霊という日本語は上手くしたものです。霊は零という意味でもあるからです。霊という本質のところは零とという意味でもあり,零は全てを生み出します。零から一が生じ、一から多、沢山のものが生じました。零の所に立ち戻りましょう。それが霊の世界、スピリットの世界です。

お互いに空になリ、無になるのです。それは生命が充満した無限の世界です。永遠の世界でもあリます。お互いに無限の零に立ち戻れば、相手もおのずとそのようになります。そうするとお互いに妥協せず、ぴったりのものが得られます。
なぜなら、神は全てを御覧になり、根っこでは繋がっているからです。もちろんすぐにマスターはできません。やりながら少しずつ習得していくものです。

ある意味で馬鹿になってください。馬鹿になれるというのは最大の強みです。謙虚だといえるし、又謙虚さ以上です。謙虚だというのは何か偽善が付きまといます。馬鹿というのは最大の賢さの証明でもあります。。弱みが強みになります。怖いものがなくなります。

それが本当の防衛力です
本当の馬鹿になってはいけません。馬鹿に見せるということでもないのです。
ただ素直になるということだけです。

人間回復

今の時代、世の多くの人たちが、原因と結果を逆にして捉えていることが、余りにも多すぎます。たとえば、遺伝の法則に基づいて親子とか兄弟、姉妹だからお互いに似ていると説明付けます。確かに現象レベルでは、そのような因果関係になっていて、きれいに説明ができます.そうであるからこそ尚のこと、真相が見抜けなくなり、混乱をきたします。そしてそれが煩悩や煩いを巻き起こします。

もともと似ているから親子なり兄弟・姉妹になったのです。そして遺伝の法則を利用して現象レベルで辻褄を合わせているということです。親子だから似ているというより、似ているからこそ親子になったというのが真相なのです。

たとえば、性格を変える場合、別の形に変えてしまう、性格改善のことですが、復帰する、立ち返る方が法則に即していて自然であり、上手くいきます。

一見こじつけのように見えますが、どうでもいいように見えることであっても、それが実は一番大事であり、それがないため世の中を狂わせていることは沢山あります。

一人ひとりが、本来の自分を回復して生き生きさを取り戻し、幼子のように新鮮で、永遠の生命を実感できるようになります。それは又、蘇生法にも成リ、健康回復する手立てにも応用が効きます。

これまでの人間関係Ⅰ

この世の方便的なところよれば、相手を立てるために自分が犠牲になるとか、自分の願いや夢を諦めなければいけない。それによって相手と何とか上手くやっていくことができる。

その為に、自分の気持ちが犠牲になる。反対に、どうしても自分を押し通したい場合は、自分のを優先し、自分の気持ちや気分に従う。
その為に相手のものは採用されず、相手が不機嫌になり、相手との関係が損なわれる。しかし自分のために致し方ない。今の世の中は、このような人間関係をいくつ戻りつして気を遣い、神経をすり減らしてストレスをためていきます。つまり相手を立てれば自分が立たず、自分を立てれば相手が立たずの関係でした。

そしてそのままでは終わらず蓄積されていきます。エネルギーは不滅だからです。それがカルマです。

それを解消したり果たす機会が必要となって気ます。相手のご機嫌を窺ったり自分の欲望やエゴや無知で引きずられたのがこれまでのあり方でした。それがうまくいかない事は十分証明されています。

人はこれを繰り返すことによって、老化を早め、病気を呼び込み、自らの神性をおとしめ、
この世が生き地獄となりました。


次回に、これからの人間関係とは?

幸せになるにはⅠ?

自分の中での調和と、周りとの調和と両方が必要で大事です。
同様に内なる自己調整と、周りとの相互調整と、これも両方大事で、内と外とのバランスが求められます。

真の調和というのは、ただあわせたり妥協して折り合いをつけるものではありません。互いに成長し、本当に正直になって自ずと現れる結果のほうです。目的というより・・。
内なる声と、外なる声とをつき合わせて、進んでいくこととなります。内なる声に命ずることによって、導かれて進んでいくことが基本です。

自分に正直になることです。
自分を信頼するということです

内に傾きすぎても、外に傾きすぎても、うまくいきません。内に傾きすぎる人は、頑固で閉ざされがちで、他者からの意見を聞こうとしません。反対に、自分の中を余り見ない人は、外となる意見や動きにただ引きずられるだけで、なすがままの人生となります。そうすると、悪い結果が出ると、被害者に転じます。そして「誰々のせい」とか簡単に言うのです。それは自分の人生に責任を取ってない人たちです。

内と外のバランスをダイナミックにとれるようにしましょう。
基本は、自分の内側に立脚しましょう。
そして自分の心に、一貫性と柔軟性を一つのものとして取り入れてください。つまり素直でもあり頑固でもあるということです。

それをそのときの状況や、環境に、自在に使い分けることによって、貴女は、何事からも自由になり真の平安が戻ってきます。
すなわち貴方が貴方になるのです。

囚われからの脱出Ⅲ

多くの人は魂や体、肉体のレベル、人間、自分の視点、立場で捉えます。相対的なレベルで。このことが、こうなりますようにと祈りの中で願うわけです。それに対して、神は、一様、それを掬い取りつつ、しかし、神ご自身の祈りの中では、むしろその人がそのことを通してカルマを果たし、浄化され、霊的に成長してそのことによって、次の段階にいたれますように、その結果問題が解消し、神の愛と平和と調和、安らぎと喜びが、その人とその周り相手方全てに、もたらされますように。それが、真の祈りです。

人間やその人のレベルでは、お願いが目的であり、このことがこうなりますようにという、おねだり的な現世利益です。神はそれを置き換えられ、本来の正位置に戻されます。その問題を通して、本人がカルマを浄化し、課題をクリアする方向で、霊的に成長し、清められ、本人も含めて、全体に相手方も含めて、真の平和と調和、喜びと安らぎ、健康が与えられますようにといったように、願い事を主とせず、結果とせしめ、霊的成長や本来のところに戻っていくのを目的とするお祈りに振り替えていきます。

それが真実だからです。
プロフィール

良子先生

Author:良子先生
りょうこのブログへようこそ!

★ 職業:歯科医師 528HzMIセラピスト

★ 性別:女性

★ 年齢:不詳

★ 星座:水がめ座

★ 血液型:A型

★ 趣味:ガーデニング